姻族関係終了届(死後離婚)と再婚

1.姻族関係終了届(死後離婚)未届け

 配偶者が死亡したとき生存配偶者が姻族関係を終了させるには、姻族関係終了届をする必要があります。(民法728条2項、戸籍法96条)
 この姻族関係終了届を提出しなければ、生存配偶者は自分が亡くなるまで死亡配偶者の血族との姻族関係が続くことになります。
 姻族関係終了届を未提出のまま再婚をした場合の姻族関係はどうなるのでしょうか。このことについて以前に投稿した「死後離婚(姻族関係終了届)は遺産相続・遺族年金とは無関係」には触れていなかったので、ここに追加しておきます。
 

2.姻族関係終了届(死後離婚)未届けのままの再婚

 前婚の姻族関係終了届(死後離婚)が未届けであっても再婚をする妨げにはなりません。
ただし、直系姻族の血族とは再婚はできません。姻族関係終了提出の有無にかかわらず再婚はできません。たとえば父とその亡くなった息子の妻とは結婚ができないことになります。(民法735条)

再婚をすると再婚相手の配偶者の血族と姻族関係が当然発生します。したがって前婚の死亡配偶者の血族との姻族関係、再婚配偶者の血族との姻族関係の両方の姻族関係を持つことになります。
 民法には明文の規定はありません。昭和23年4月20日民事甲208号回答が根拠になっているようです。(新基本法コンメンタール 第2版親族 21頁 日本評論社)

3.まとめ

 前婚の姻族関係終了届の有無にかかわらず再婚はできますが、姻族関係が複雑になることもあります。

離婚・再婚のご相談は山梨県甲府市の神宮司行政書士事務所まで 
神宮司行政書士事務所 055-251-3962 080-6685-9886 お問合せ方法はこちらをクリック follow us in feedly

Follow me!

投稿者プロフィール

神宮司 公三
神宮司 公三神宮司行政書士事務所所長
山梨県甲府市の特定行政書士。守秘義務がありますので相談したことが外部に漏れることはありませんので,安心してご相談ください。幅広い範囲のお困りごとに対応しています。お気軽にお問い合わせください。遺言書作成,相続手続の相談,官公署への許認可の相談・申請手続き代理,任意後見・法定後見のご相談,ご契約についてのご相談など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


©2014 神宮司行政書士事務所