Q1 一般社団・財団法人を設立後,公益認定申請するのにはどの位の期間と実績が必要でしょうか。
Q2 資格認定を目的とする法人を設立したいのですがどのタイプが良いのですか。
Q3 公益法人の設立に際し,特有の事項がありましたら,教えてください。
   (NPO法人や株式会社の設立とは違う点)
Q4 公益法人としての要件や条件は何かありますか。
ユキマサ君

ユキマサ君

A1 一般社団・財団法人設立後,公益認定申請の必要な設立後の期間・実績

 法律的には設立登記直後でも実績は無くても公益認定申請は可能です。ただ,公益目的事業が本当に「不特定多数の者の利益の増進に寄与する」ものかどうか等審査は厳格ですので補正は必至です。

A2 資格認定を目的とする法人の場合には一般社団法人・一般財団法人のどちらが適しているか

 一般社団法人をお勧めします。
 社団法人の名称から安心感を感じられる方が多いのと一般財団法人のような財産額の規制がまったくないからです。また,NPO法人のように社員10人ではなく設立時は2人の社員でよく,設立後は1人でもよい点や認証期間の制限がない点等などもハードルが低くなっています。

A3 公益法人の設立に際し,特有の事項(NPO法人や株式会社の設立との相違点)

 平成20年12月に施行された新公益法人制度では非営利活動をおこない,剰余金の分配を目的としない社団法人・財団法人について,監督官庁の許可なしで,公益性の有無にかかわらず登記のみで設立できるようになりました。これを一般社団・財団法人といいます。
 一般社団・財団法人のうち,民間有識者からなる第三者委員会による公益性の審査を経て内閣府または都道府県から公益認定を受けることで,公益社団・財団法人として税制上の優遇措置を受けることができます。
 一方NPO法人を設立するためには,特定非営利活動をおこなうことが主目的であること等について所轄庁(都道府県または政令指定都市)の認証を受けることが必要です。申請書類の一部は,受理した日から2箇月間縦覧に供され,市民の目からも点検されます。設立の認証後,登記することにより法人として成立することになります。
 株式会社は「営利活動」を行う法人で登記のみで設立できますが,登記費用が高く税制優遇もありません。

A4 公益法人としての要件や条件

 公益法人として認定されるには,公益目的事業(学術,技芸,慈善その他の公益に関する23種類の事業であって,不特定多数の者の利益の増進に寄与するもの)の費用に占める比率が50%以上であること,公益目的事業の収入が,費用の額を超えないこと等18の条件をクリアし,且つ維持し続ける必要があります。 
 公益認定を取り消された公益社団・財団法人は一般社団・財団法人に戻ります。また,2基連続で純資産額が300万円未満となった財団法人(一般・公益とも)は解散させられますので注意が必要です。

この記事は月刊「日本行政」(日本行政書士会連合会の機関誌)のNo.528,平成26年11月号の記事に基づいています。

お問合せ方法の説明へはこちらをクリック

お問合せ方法の説明へはここをクリック

会社設立のご相談は山梨県甲府市の神宮司行政書士事務所まで
        神宮司行政書士事務所 055-251-3962 090-2164-7028

    ©2014 神宮司行政書士事務所